.

横浜市立大学附属病院小児科 病棟のご案内

当施設は日本小児総合医療施設協議会(JACHRI)の会員施設です。
JACHRIは全国のこども病院(小児専門病院)が集まり、よりよい小児医療を実現するために活動しています。

日本小児総合医療施設協議会(JACHRI)のご案内

横浜市立大学附属病院小児科

附属病院6-1、7-1に小児科、小児循環器科病棟・NICUに小児循環器科病棟があります。

病床数 6-1病棟:36床(うち無菌室1床、準無菌個室3床、小児循環器科6床)、NICU 9床
7-1病棟:小児科 2床、小児循環器科/心臓血管外科 8床

また、プレイルーム、プレイガーデン(人工芝の庭で、冬季以外は開放)、デイルーム、院内学級などが併設されています。

小児科病棟の特色

1.院内学級
横浜市立浦舟特別支援学校が併設されており、数日の入院からでも小中学生が転籍することが可能です。勉強や行事に参加し、治療以外の面で教育のサポートを受けられます。横浜市内だけでなく、県外からの転籍も可能です。

2.保育
主に、入院中の乳幼児(小学校入学前)の保育を行っています。プレイルーム、お部屋での遊び、製作活動などの保育を提供しています。

3. チャイルド・ライフ・スペシャリスト
チャイルド・ライフ・スペシャリスト1名が、平成30年4月から常勤で勤務しています。
県内の大学病院、横浜市の小児がん拠点病院でも初めての試みです。入院中のお子さんや家族が抱える精神的負担を軽減し、主体的に医療を受けられるようにサポートするアメリカ・カナダの国家資格を持つ小児の心理専門家です。医療体験を乗り越えていけるよう、遊びや自己表現、感情表出を促したり、医療体験への心の準備をサポートしたりします。

チャイルド・ライフ・スペシャリスト配属のご案内
チャイルド・ライフ・スペシャリスト配属のご案内

チャイルド・ライフ・スペシャリスト協会のご案内

4.イベント
院内学級や保育士と共同し、季節にあわせた、さまざまな年中行事を開催しています。主治医の許可のもと、クリスマス、七夕会、遠足、夏祭りなどを皆で楽しんだり、最近では人と動物のふれあい活動や院内家庭教師活動にも参加できるようにしています。

アニマルテラピー
(アニマルセラピーの様子)

ご面会について

面会時間:6-1、7-1病棟 月~金曜日は15時~20時、土、日曜日は13時~20時
NICU:面会時間の制限を設けておりません。詳しくはNICU看護師にご相談ください。

面会手順:ご面会の方は、必ず面会受付(1階防災センター、2階中央待合ホールにあります)でお名前を記入し、面会用バッチをつけて下さい。お帰りの際には、バッチをお返し下さい。また、面会の前に入口のインターホンを鳴らし、看護師に申し出て下さい。
また、面会の前に各病棟の看護師に申し出て下さい。
院内安全と医療上の配慮のために、お手数ですがご協力下さい。

面会制限:小児患者さんへの感染予防の観点から、小児科病棟では中学生以下のお子さんの病棟内への立ち入りをご遠慮いただいております。また発熱、発疹、下痢症状など体調不良がある方は病棟内にお入りにならないようお願いしています。院内安全と医療上の配慮のために、お手数ですがご協力下さい。
ご心配な方は病棟看護師、担当医までご相談ください。

横浜市立大学付属病院からの風景

横浜市立大学附属病院と医局を結ぶ渡り廊下からはシーサイドラインと富士山が見えます。
*クリックすると拡大します。

正月の勤務で来棟した時に見えた、雪を冠った富士山とシーサイドラインです(2009年1月2日撮影)

冬の空気が澄んだ時期、夕焼けの中に浮かんだ富士山とシーサイドラインです(電車の動と富士山の静の対比)(2010年11月18日撮影)

.
.
.