.

患者様とご家族の方へ

このたびは横浜市大小児科学教室のホームページにお越し頂きまして、ありがとうございます。私たちは患児と家族に寄り添う診療を第一とし、さらに 2 つの大学病院において先進的な小児医療を提供し、難治性疾患の病態解明と新規治療法の開発などの研究活動を行っています。

また、市内・県内諸地域の小児医療・小児保健・小児福祉の中核となり、子どもたちにとって幸福な社会の実現に尽力し、それぞれの立場でリーダーシップを発揮できる次世代の小児科医を育成しております。私たちは小児科医だからできる事、小児科医にしかできない事を大切にしています。

当科は 2 つの大学病院で、以下のように専門性が分かれています。受診希望の方は参考にされてください。なお、いずれも高度医療を提供する特定機能病院であり、受診には紹介状が必要です。まずは、近隣の小児科医にご相談ください。

  • 横浜市大附属病院
    (横浜市金沢区福浦3-9 横浜シーサイドライン 市大医学部駅直結)
    感染免疫グループ、血液グループ、循環器グループ
    疾患例:川崎病(初期治療不応例)、リウマチ・膠原病、不明熱、線維筋痛症、免疫不全症、結核、白血病、悪性リンパ腫、脳腫瘍、先天性心疾患(心奇形)、不整脈 など

  • 市大附属市民総合医療センター(通称:市大センター病院)
    (横浜市南区浦舟町4-57 京急・黄金町駅徒歩8分、市営地下鉄ブルーライン・坂東橋駅徒歩5分)
    新生児グループ、神経グループ、腎臓グループ、代謝内分泌グループ
    疾患例:早産・低出生体重児、重症新生児仮死、ネフローゼ症候群、慢性腎不全、てんかん重積発作、急性脳症、1 型糖尿病、バセドウ病、その他重症感染症

★ 2大学病院ともに特別支援学校(横浜市立浦舟特別支援学校)を併設しており、入院・療養を必要とするお子さん達の学習支援もしています。
→ 横浜市立浦舟特別支援学校

疾患関連ホームページの御案内

あすなろ会:若年性特発性関節炎(JIA)の患者会
東京腎炎ネフローゼ児を守る会:小児ネフローゼ症候群、腎炎の患者会
全国膠原病友の会:小児の膠原病も含む膠原病患者の会
CAPS患者・家族の会:クリオピリン関連周期性発熱症候群の患者・家族の会

.
.