周りには聞こえない声が聞こえる。

周りには聞こえない声が聞こえる。

とつぜん聞こえる不思議な声。

自分のまわりのどこからか、誰かの話し声やヘンな音が聞こえてくるという体験をする人がいます。あなたは、背後やとなりの部屋から、話し声や物音がとつぜん聞こえたことや、テレビやラジオ、もしくは通りすがりの人から気になることをコメントされたという経験はありませんか?このような不思議な声は、多くの人が体験しますし、声が聞こえていても、毎日の生活を元気に送れている人も少なくありません。

不思議な声は、はっきりした大きな声のときもあれば、よくわからないささやき声のときもあります。声の内容は、「どうしてそんなことまで知っているわけ?」とびっくりしてしまうくらい、あなたの心の中を言い当てた内容であることもあります。特にその声が、あなたに対して恐ろしいことを命令したり、ひどい言葉を投げかけてきたりする場合は、大きなストレスを感じるでしょう。

またあなたは、声の言っていることに、逆らえないくらいの大きな力を感じることもあるかもしれません。あなたが「絶対にしたくない!」と思うようなことすら、

多くの人が体験する「幻聴」という症状。

ここまで書かれていることが自分にあてはまると感じる人は、声がどこからやってくるか、まわりの人には聞こえているかを確かめてみましょう。たとえば、自分の聞こえている声をそっと録音してみて、その声が録音されなかったとしたら、「幻聴」という心の症状である可能性も高いです。なぜそれが起こるのかを、じっくり考えてみる必要があります。

誰にも聞こえていない声を聞くことは、決してめずらしいことでも、恥ずかしいことでもありません。相談にくる10代のお子さんの10人に1人は、何かしらの幻聴を体験しているといわれます。多くの人が感じることであり、声は決してあなたを傷つけたり、あなたの大切なひとの身に不幸なことを引き起こしたりはしません。

信じられないかもしれませんが、悩みやストレスのせいで心の調子がわるくなっているときは、脳の情報処理がうまくいかなくなって、何気ない音を聞きまちがえたり、あなたの心の中の考えごとが声になって体験されることがあるのです。これはあなた自身の声ではなくて、以前会ったことのある人の声だったり、まったく知らない人の声だったりします。または、何人かのしゃべり声として聞こえることもあります。

もしその声が悩みやストレスから生まれたものであるなら、誰かの助けをかりて問題を解決するうまい方法が見つかれば、あなたを悩ませてきた声が聞こえることも減るかもしれません。なので、まずは気軽に相談をしてみてください。

幻聴ってどんなときにおこるの?

  • 眠れないとき、途中で起きたとき
  • 目隠しや耳栓などで、感覚を遮断されたとき 
  • とても腹がたったときや、とても悲しいとき 
  • 体の具合がとても悪いとき
  • 命の危険にさらされたとき
  • 絶望的もしくは死にたい気持ちのとき
  • 飲酒したときやドラッグを使ったとき
  • など

  • 眠れないとき、途中で起きたとき
  • 目隠しや耳栓などで、感覚を遮断されたとき 
  • とても腹がたったときや、とても悲しいとき 
  • 体の具合がとても悪いとき
  • 命の危険にさらされたとき
  • 絶望的もしくは死にたい気持ちのとき
  • 飲酒したときやドラッグを使ったとき
  • など

幻聴がつらい時はどうすればいいの?

  • 音楽をきいたり、お風呂に入ったり、
    リラックスをこころがけ、積極的に気分転換をする
  • テレビを見たり、友だちとおしゃべりをして気をまぎらわせる
  • 散歩など、軽く汗をかくくらいの運動をしてみる
  • 幻聴がはじまったときと消えたときの記録をつけて、
  • など

  • 音楽をきいたり、お風呂に入ったり、
    リラックスをこころがけ、積極的に気分転換をする
  • テレビを見たり、友だちとおしゃべりをして気をまぎらわせる
  • 散歩など、軽く汗をかくくらいの運動をしてみる
  • 幻聴がはじまったときと消えたときの記録をつけて、
  • など

<< こんなことに困っていませんか?(ご本人向け)