附属市民総合医療センター | 医師紹介

【令和3年度常勤医師】

・青山 久美(あおやま・くみ  助教/精神保健指定医・児童精神科グループ長)

悪をくじいて弱きを助ける、しっかりものの児童グループ一番の元気玉です。市民総合医療センター児童グループのリーダーです。ちょっと弱ったあなたにも、きっと励ましと元気をくれることでしょう。児童精神医学以外では依存症治療の分野にも興味を持っています。また、学生の頃から国際交流が大好きなので、世界中にいっぱい友達がいます。

・浅沼 和哉(あさぬま・かずや 助教/精神保健指定医)

「そうかそうか、はっはっは…」というのんびりした笑い声がとてもホッとする背高のっぽの先生です。大学時代は6年間野球部に所属していました。ヤクルトスワローズファンです。冷静な選球眼をもっていて、状況をしっかり見抜きます。頼りになる市民総合医療センター児童精神科ナンバー2です。

 

・宇賀神 北斗(うがじん・ほくと 指導診療医)

令和3年度から新しく児童精神科のメンバーに加わりました。皆様よろしくお願いします。運動不足なので1年前から週末に走ることをはじめました。少しずつ距離を伸ばして、最近では10Kmまでは走れるようになりました。

【令和3年度非常勤医師】

・高橋雄一(たかはし・ゆういち)                    ・山本恭平(やまもと・きょうへい)                     ・中島知美(なかしま・ともみ)