シニア・レジデント

入局案内

横浜市大の水木信久でございます。
 ここで私たちの医局のことを少し紹介させて戴きたいと思います。

卒後教育・入局後教育について

臨床教育は医学部学生はもちろんですが、卒後教育として教室の医局員を対象として、さらに詳しく実践的に行っております。将来、横浜市大の出身者(同門)として、どこに出ても恥ずかしくないように、臨床眼科全般にわたり、グローバルな専門的知識と実際の臨床技術を会得できるように努めております。眼科の各疾患に対して、症例ごとに多少のmodifyはあるものの、医局員皆が同様の治療方針で望めるようなガイドライン(治療プロトコール)作りを行っております。横浜市大病院では、ある眼疾患でかかった患者がどの医師に診てもらっても、皆同じ診察・治療が受けられるように、横浜市大眼科としてのグローバルスタンダードを各医局員にマスターしてもらっております。

また、内外の各専門分野の先生方に非常勤講師になって戴き、専門外来制、特殊クリニック制を敷いて、難しい症例や稀な疾患に対して一緒に検討しております。また、毎週、医局員が交代で教科書的な内容の勉強会を行い、臨床眼科に対する専門的基礎知識のレベルアップを図っております。月1回は萬有製薬のビデオライブラリーから1つずつ選んで勉強会も行っております。さらに、非常勤講師の先生方には、各専門分野において、1年間を通してsystematicにクルズス(私たちは授業と呼んでいます)をしてもらったりしております。日常の眼科臨床はもちろんのこと、眼科専門医試験のためにも大変役に立ちます。私達の大学は幸か不幸か色々な症例が集まってきますので、数年大学にいますと大体の症例にお目にかかれます。バラエティーに富んだ、また、稀な疾患も見ることができ、今後の眼科臨床に大変役に立つことは間違いありません。

大学院について

次に大学院のことに少し触れさせて戴きたいと思います。大学院も大幅に門戸を開放致しました。各個人個人の希望に合わせたスケジュールで大学院生活を送ることを可能にしました。すなわち、卒業までに論文を1篇仕上げるというノルマ以外はかなり自由にしました。臨床重視で、大学で外来をしながら、専門クリニックを渡り歩いて臨床眼科の勉強をするのもいいですし、大学院の間に関連病院をローテートすることも可能です。また、子育てで少し休みたいとか、専門医の試験勉強で少し休みたいとか、また、御主人の留学に少しついて行きたいなどといったことも大学院の間では可能としております。もっとも、研究に情熱を持って入ってくれる人は大歓迎です。私達の大学は今年、公立大学医学部では唯一、文部科学省の21世紀COEプログラム(トップ30)に選ばれました。研究をやってみたいと少しでも思っていましたら、是非、私達の大学院に来てください。世界とcompeteした充実した研究生活を送れることをお約束致します。世界的なbasic researchを行っていると自負しておりますので、飛び級(3年間で大学院を終了)することも十分可能です。最後の1年間は、私達がコラボしている海外のトップラボに留学することも可能です。

入局説明会

眼科学講座では、随時入局の御相談を受け付けております。
 また、入局説明会を行います。学生も転科希望者もどなたでも眼科に興味をお持ちの方はお集まり下さい。
 説明会の後には食事会を予定しています。入局後の生活や関連病院のことなど実際に働いている先輩に直接聞ける機会です。お気軽にご参加下さい。
 詳しくは入局説明会のページを参照ください。

このページのトップへ戻る