研修希望の方

研修体験記

イメージ画像 Dr. M.S

1年目(後期研修1年目)
Dr. M.S

私は今年横浜市立大学病院の麻酔科に入局し、最初の半年は大学病院で、現在は市中病院で臨床麻酔をしています。
私は初期研修では全く麻酔科を経験せず入局しました。
大学病院では麻酔の一般的知識や体系的な考え方を学び、現在は市中病院でたくさんの症例を経験させて頂いています。
麻酔科の経験もなく、縁もゆかりもない横浜市立大学病院の麻酔科に入局することに対する不安はありましたが、
教授や指導医の先生方から暖かい指導をうけ、忙しいながらも充実した研修をしています。

大学病院はしっかりした指導がうけられる環境でありながらも過保護にされるわけではなく、
経験が少ない私でも自分で考えた麻酔方針を自分の責任で行うよう指導されましたが、
何か迷った時にはすぐ相談できる環境にありました。
また朝のカンファでも患者さんの状態や麻酔方針に対し様々な質問や議論が聞け、
何に注意して麻酔を行えば良いのか大変勉強になりました。半年で市中病院に移動というのは正直早い気もしましたが、
また新しい麻酔方法が学べ勉強になっています。

私はペインや緩和医療に興味があり麻酔科に入局することに決めていましたが、
横浜市立大学病院の麻酔科に入局したおかげで臨床麻酔の面白さも知ることが出来たと思っています。
医局員が多いため、臨床麻酔のみならず集中治療、救急、ペイン・緩和領域まで専従の先生方がいるので、
希望すれば様々な領域をしっかり学ぶことができます。

とても雰囲気が良く、しっかり学ぶことが出来る医局だと思います。是非一度見学にきてみて下さい。

イメージ画像 Dr. O.O

入局1年目
Dr. O.O

自分は麻酔、ペインクリニック、救急に興味があったため、
これらをすべてまんべんなく勉強できる横浜市立大学麻酔科に入局しました。
ここの麻酔科は例年大変人気が高く、入局前は症例の取り合いになってしまい
十分な経験を積めないのではないかと危惧していましたが・・・全くの杞憂でした!
希望がかない配属された病院は最初の半年麻酔科、後半半年で救急をまわるコースでしたが麻酔科の忙しいこと!
様々な症例があり、救急症例もあり、上の先生たちの厚いフォロー体制の整ったうえでの数多くの手技があり!!
本当に安全に、同期ではずば抜けて硬膜外麻酔などの手技が上達した自負があります。
そのうえで救急当直もさせていただき、週一回だけなのにいろいろな症例を経験しました。
前半救急だった同期の仲間は大変な症例も涼しい顔で対応できるまでになっていました・・・
麻酔以外に興味がある人も成長できる医局であると思います。皆さんも仲間になりませんか?

イメージ画像 Dr. H.M

入局1年目
Dr. H.M

後期研修1年目の約半年間が過ぎました。
私は、4月からの前半期を市中病院で、10月からの後半を大学付属病院で過ごしています。
大学病院での研修はまだ始まったばかりですが、やはり市中病院と大学病院でそれぞれ異なる楽しさがあり、
どちらも非常に勉強になる毎日です。
市中病院では、毎日多くの症例の麻酔を経験でき、その中でそれぞれの症例について考える機会、
それを実践する機会を得ることができました。
周りの先生方に見守られながら、自分が麻酔をかける、という責任感を感じることができました。
そして、大学病院では、これまで経験しなかったような合併症や特殊な手術の麻酔があります。
スタッフの先生方も多く、その中で毎日のカンファレンスで考えなくてはならないこと、
麻酔計画の立て方について議論され、大変勉強になる毎日です。
自分の麻酔計画、疑問をすぐに、どの先生でも問いかけられるという所も、
大学という大きい場所ならではなのだと思います。
横浜市大麻酔科は大変雰囲気がよく、また、臨床麻酔だけでなく、希望すれば、
救急やICU、ペインなど様々な方面に選択肢があります。
私は他大学出身ですが、ここに入局して良かったと思っています。
迷っている方がいれば、ぜひ見学に来てそれを感じていただければうれしいです。お待ちしています。

ページトップへ戻る