In vitro spermatogenesis in isolated seminiferous tubules of immature mice. PLoS One 2023 Apr 6;18(4):e0283773. doi:10.1371/journal.pone.0283773.  この論文の始まりは、修士院生のフンさんが行った実験にあります。彼女の丁寧な仕事で、精細管を単離して培養しても精子形成が進行することが示されました。しかし、論文になるまでには山下さんの追試やその他の苦労がありました。何とか論文にできたことを嬉しく思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Explore More

新しい論文を発表

2023-08-02 0 Comments 0 tags

In vitro精子形成に関する新しい成果が2つ発表されました。最新のScientific Reportsに掲載されまし […]

ES細胞から精子

2021-09-12 0 Comments 0 tags

9月8日発表の科学雑誌Cell Stem Cellに京都大学医学部・斎藤通紀研究室からの論文が掲載されました。横浜市立大 […]