初期研修

精神科初期臨床研修(卒後1・2年目)

横浜市立大学附属病院の研修システム

横浜市立大学は、2つの大学附属病院(附属病院センター病院)を持っており、それぞれが、地域的特異性なども反映した特色ある臨床を行っています。加えて、その他に研修協力病院となっている市中の一般病院もあるので、研修は同一病院で2年行われることはなく、(附属病院×センター病院)、(附属病院×協力病院)、(センター病院×協力病院)といったパターンで1年ごとに病院を異動して行われます。これがいわゆる「たすきがけ研修」です。このようなプログラムを通じて、先進的・専門的な医療と、より総合診療的な医療との両方を経験できるようになっています。

本学の臨床研修については、下記のページもご参照ください。

横浜市立大学附属病院臨床研修センター

http://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~clinical/wp/

横浜市立大学附属市民総合医療センター臨床教育研修センター

http://www.yokohama-cu.ac.jp/urahp/medical/clinical-training/index.html

精神科初期研修

精神科にも2つの大学附属病院それぞれに特徴があります。

開放病棟のみの附属病院精神科においては、うつ病などの気分障害圏の方や、膠原病・自己免疫性疾患などの身体疾患に伴う精神症状を呈する方、クロザピン療法を必要とする治療抵抗性統合失調症の方、身体合併症を持つ方の入院治療を数多く受け入れています。さらに、外来には復職支援デイケアやリカバリーを目指した専門プログラムがあり、退院後の社会復帰まで視野に入れた診療が行われています。緩和医療やその他、他科と連携して行うリエゾン精神医学にも力を入れています。専門外来としては、認知症クリニック(認知症疾患医療センター)や神経免疫専門外来があります。また、児童精神科による児童思春期の入院・外来診療も連携して行っており、精神科(成人)と児童精神科のどちらでも研修が可能となっています。

いっぽう、閉鎖病棟のみのセンター病院精神医療センターでは、より重症度の高いの救急・急性期治療も行っており、横浜市の精神科救急システムの基幹病院として措置入院も受け入れています。また、児童精神科のベッドも8床確保されています。専門外来としては、てんかん外来があります。同院の高度救命救急センターには専従の精神科医が配属されており、救急医と密に連携をとりながら自殺企図者の診療などにあたっています。

横浜市大で精神科の研修を行う場合、いずれの病院においても、うつ病や統合失調症、認知症、せん妄といった主要な精神疾患の治療を経験できますが、加えて、上記のような各病院の特徴を反映した臨床経験も得られるでしょう。精神科を複数月研修する場合は、ご希望に応じて、センター病院と附属病院の双方での研修も検討します。

病棟ではチームで診療を行っており、各グループ長を中心に、診断や治療方針を密にディスカッションしながら、治療を進めています。初期研修医に対しては、シニアレジデントがman to manで指導にあたっています。さらに、日頃の臨床だけでは不足しがちな知識の整理、より深い議論などができるよう、各精神疾患についてのクルズスも毎月行っています。

<週間スケジュール (附属病院・精神科の例)>

8:45- 病棟業務

外来新患・リエゾン

入院時診察

(復職デイケア)

病棟業務

外来新患・リエゾン

入院時診察

病棟業務

外来新患・リエゾン

入院時診察

全体カンファ

リエゾン・カンファ

病棟業務

入院時診察

病棟業務

外来新患・リエゾン

入院時診察

13:00- グループカンファ

病棟業務

午後急患対応

病棟業務

午後急患対応

病棟業務

午後急患対応

(緩和ケア)

病棟業務

午後急患対応

病棟業務

午後急患対応

15:00- (クルズス)
17:15- 当直(副) 当直(副) 当直(副) 当直(副)

各種研究会

当直(副)

<週間スケジュール (附属病院・児童精神科の例)>

8:45- 初診診察 外来診察陪席

患者再診

初診診察 全体カンファ 初診診察
13:00- 患者再診

病棟診療

事例検討

外来診察陪席

患者再診

病棟診療

患者再診

病棟診療

事例検討

併診患者診察陪席

外来診察陪席

患者再診

病棟業務

患者再診

病棟診療

事例検討

15:30- 研究カンファ

(クルズス)

17:15- 当直(精神科当直・副当直) 当直(精神科当直・副当直) 地域児童精神科医も含めた症例検討会

当直(精神科当直・副当直)

当直(精神科当直・副当直)各種研究会 当直(精神科当直・副当直)

* 土日、平日には適宜、当直を行い、病棟・再来急患業務にあたる(月4回程度:適宜調整)。

** 院内研究会のほか、神奈川県精神医学会、統合失調症研究会、感情障害研究会、不安抑うつ研究会などが定期的に行われる。

<月間スケジュール>

第2木曜日にクルズスに参加(偶数月は附属病院、奇数月はセンター病院にて開催)。

研修中に一回はデイケア・プログラム(附属病院:月曜午前、センター病院:適宜調整)や、緩和ケアチームのカンファレンス(附属病院:水曜午後、センター病院:水曜午後)に参加します。

希望者には、認知症疾患医療センターやてんかん外来の見学も可能です。