診療時間のご案内
 
外来担当表
 

YCUganproS3

  がん総合医科学New TOPICS  

    2018/03/30
    第3期横浜市立大学がんプロ_多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン ホームページが立ち上がりました。
    横浜市大がんプロ(第3期)





2014年4月1日、横浜市立大学医学部 臨床腫瘍科学教室は
『大学院医学研究科 がん総合医科学』教室となり、新たなスタートをきりました。

当教室はこれまで通り附属病院の診療科である「臨床腫瘍科」を担当しています。 臨床腫瘍科では、これまで通り、主として

  • 消化器癌(胃癌、食道癌、小腸癌、大腸癌、GIST、肝臓癌、胆道癌、膵臓癌など)
  • 乳癌
  • 原発不明癌
  • それぞれの様々な転移

に対する診療を中心に行っています。 また神経内分泌腫瘍などの稀少がんの診療にも力を入れております。
抗がん剤、分子標的治療薬を用いた、「がん薬物療法」が私達の専門ですが、消化器内科、消化器・腫瘍外科、放射線科、緩和ケアチーム等と集学的な診療・研究を行っています。
また今回のがん総合医科学教室への移行時に新たに三人の先生が教授に昇格され、がん診療・研究そして教育のために力を貸してくれることになりました。産婦人科部長の宮城悦子教授、放射線科診療部長の幡多政治教授、そして内視鏡センター長の窪田賢輔教授です。

当教室は2007年に発足した臨床腫瘍科学が母体です(興味のある方は歴史のページをご覧ください)。

臨床腫瘍科チーム
臨床腫瘍チーム
乳腺チーム
乳腺チーム
がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン

topへ