.

2021年度 小児科専攻医研修プログラム 募集要項

過去 10 年以上にわたり、横浜市大の2大学病院の初期研修終了者のみならず、全国の諸病院で初期研修を修めた多くの先生方が、後期研修(小児科専攻医研修)を行う病院として当教室を選んでくれた事は、大変に喜ばしいことです。当教室では、プロフェッショナルと呼ばれるにふさわしい一人前の小児科医に育って頂くために、後期研修制度やその後の subspecialty 研修制度の整備を行ってきました。2017 年度からは専門医制度の改変がありましたが、当教室の後期研修プログラムは、偶然にも 10 年以上前から専門医機構が要求する骨格を満たしていましたので、大きな変更点はなく、従来からの研修様式を継続します。

小児科専門研修プログラムに申請を希望される先生におかれましては、2 大学病院のどちらか あるいは 両方 の病院で、少なくとも一日の見学をお願いしています。私たちの診療体制や、教室の雰囲気を直に感じて頂きたいからです。
市大附属病院(福浦)見学案内
市大センター病院(浦舟)見学案内
※subspecialty に特段の希望がなければ市大附属病院(福浦)をご選択ください

なお、2021 年度入局の医局説明会は 2020 年 8 月に終了しております。以後の入局説明を希望される方には個別に対応しておりますので、以下医局長までご連絡ください。募集についての詳細は、今後も変更があり次第、当ホームページに随時アップしてゆきますので、宜しくお願いいたします。

[2020/9/1 更新] 2 つの大学病院(福浦・浦舟)の病院見学受付が再開されました。大変な時期ではありますが、病院見学をされていない先生は、なるべくの参加をお願い致します。見学未実施 かつ 所属施設の勤務上見学が難しい方 は、お手数ですが下記の 医局長 宛に、見学困難の旨をご連絡頂ければ幸いです。

募集要項

2021年4月から後期研修を開始される方は、日本専門医機構により承認された「横浜市立大学附属病院小児科 専攻医研修プログラム」に則って研修を進めていただくことになります。申し込みにあたり、こちらの PDF ファイルをお目通し頂くようお願い致します。なお、公表されているプログラムは学会による一次審査を通過したものであり、機構による二次審査の結果、修正・変更がありうることをご承知おきください。

市大小児科 専攻医研修プログラム PDF はこちらPDF

応募資格
・ 2021年3月に臨床研修修了予定している者
・ 小児医療への熱い思いを有する者
※当教室の考え方については 教授挨拶のページ も是非ご一読ください。

募集人員
15人(予定)

受付期間・選考方法については、詳細が決まり次第更新します。

入局、後期研修などの問い合わせ先

医局長:横浜市大附属市民総合医療センター(市大センター病院)小児科 大山 宜孝

電話045-261-5656 FAX 045-243-3886
※緊急時を除き、極力メールでのご連絡をお願い致します。

← 「横浜市大小児科 専攻医研修(後期研修)について」に戻る

.
.