横浜市内連携病院の案内

横浜市の小児救急拠点病院体制について

横浜市では2007年度より7つの拠点病院に小児科医を集約し、小児医療の質を高めるとともに、医師の勤務状況を改善させる試みが正式にスタートしました。
1つの施設に11人以上(12-15人)の小児科医を集約化し、24時間365日体制で充実した小児救急医療を提供することを目的とするものです。
その一方で現在問題となっている医師の過剰労働を解消することも目的としています。 この横浜市の試みは小児科医の勤務条件を改善させるだけではなく、小児科専門医を目指す若い医師たちにとっては理想的な研修環境を提供するものであり、わたしたちは積極的に横浜市の小児科拠点病院構想を支援しております。

神奈川の救急医療をになう若手小児科医ネットワークについて

7つの横浜市小児科拠点病院には、現在、横浜市立大学だけではなく、慶応大学、昭和大学、東京医科歯科大学など複数の大学医局から医師が派遣されておりますが、わたしたちは大学間・病院間の垣根を越えた医療体制、若手育成システムを構築したいと考えております。
その試みの1つが「神奈川の救急医療をになう若手小児科医ネットワーク」(Young Pediatrician Network on Emergency practice in Kanagawa; 略称YPNEK)です。

小児救急拠点病院フォーラム in YOKOHAMA 小児救急拠点病院フォーラム in YOKOHAMA
.

このフォーラムは7病院共同で行う小児救急に特化した症例検討会で、若手医師が積極的に発言できるグループディスカッション方式を取り入れております(写真は第1回の様子)。各病院間で交流すること、流儀や考え方の違いを知ることを通じて互いの医療の質を高めあうとともに、地域として医師を育成するしくみが生まれれば、との思いがこのフォーラムにこめられています。

横浜市小児救急拠点病院

小児科拠点病院構想の概念図

小児科拠点病院構想の概念図

拠点病院以外の横浜市立大学連携病院のご紹介

横浜市立大学小児科学教室は、以下の横浜市内の連携病院にも小児科医を派遣しています。

.
.