HOME > 患者さまへ

1. 形成外科の疾患


形成外科では、主に顔面、四肢、体幹における形態異常(かたちの異常)を対象疾患としております。 形態の改善により機能回復が得られ、QOL(生活の質)を向上させることができます。以下が形成外科で対象となる疾患です。



・マイクロサージャリーによるリンパ浮腫の治療、
切断指再接着術、神経縫合術、腹腔内血管吻合
など.

・顔面や手足などの先天異常.
 (唇顎口蓋裂、小耳症、多合指症など)

・やけどや顔面骨骨折などの外傷、傷跡、瘢痕拘縮.

・皮膚の良性・悪性腫瘍や皮膚色素疾患.

・自科のみならず、悪性腫瘍の診断で他科におい
除された組織欠損部への移植などによる再建.
 (乳房再建、舌再建、頭蓋底再建など)

2. 主な対象疾患





•リンパ浮腫
•顔面神経麻痺
•小耳症
•眼瞼下垂症
•涙道狭窄(流涙)
•乳房再建、頭頚部再建
•ケロイド瘢痕

3.専門外来

・リンパ浮腫外来
(毎週火曜日 午後)
(第2、3,4,5金曜日 午後)

・再建クリニック
(第1金曜日 午後)

・小耳症外来 ※夏季、冬季、春季
(1月第1金曜日 午前、3月第4or5金曜日 午前、7月第4or5金曜日 午前、8月第2or3金曜日 午前)

・乳房再建外来
(毎週金曜日 午前)


なお、新患の対応はいずれの曜日でも行っています。

4.外来担当医


 

医師名

 職位 専門分野 外来診察日
前川 二郎

主任教授、部長

リンパ浮腫、再建外科、小耳症
北山 晋也

診療講師

再建外科、リンパ浮腫、乳房再建
矢吹 雄一郎

診療講師

再建外科、リンパ浮腫、小児先天奇形
小久保 健一

助教

  眼形成、一般形成外科
山本 優子

指導診療医

  一般形成外科、救急・外傷
前田 奈々恵

指導診療医

一般形成外科  
出原 薫

指導診療医

一般形成外科  
室田 悠美子

後期研修医

一般形成外科 
中川路 美雲

後期研修医

一般形成外科









横浜市立大学附属病院
形成外科

   〒236-0004
    神奈川県横浜市金沢区福浦3-9
    045-787-2800(代)