1月12日(土) 横浜市立大学スポーツボランティア講習会

~オリンピック・パラリンピック及びスポーツ大会等の現場における、リスクと医療・健康対策講座~

 

東京2020参画プログラム

 

 ボランティア支援室学生スタッフvolunch(※1)は、医学部学生団体YDC(※2)とタッグを組み、
1月12日(土)に「横浜市立大学スポーツボランティア講習会」を開催します。

 2020年夏の東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い、多くの方がボランティアに参加することが見込まれます。しかし、熱中症や脱水症等の不測の事態に対応するための知識や方法に、不安を感じている方も多くいることでしょう。

 本講座では、横市の医学生による、それらの知識・対応方法の会得はもちろん、意見交換の場を設けることにより「どのような医療知識が必要であるか」といった考えや視野を広げられるようにすることも考えています。

 オリンピック・パラリンピックボランティアはもちろん、通常のスポーツボランティアも含めて参加するにあたり、しっかりとした知識や対応方法を身につけたいと思う方や、普段交流の機会がない医学生と意見交換をしてみたいと思う方は、是非、本講習会にご参加ください。

 

 

 

 

 

【プログラム内容】
1部:医療・健康対策講座(医学生による講義)
2部:AED・人工呼吸実習等応急手当グループワーク、交流会 (この講習会は、東京2020参画プログラムに認証されています)

※1 ボランティア支援室学生スタッフvolunch ボランティア支援室学生スタッフ「Volunch」は有志団体で、学生とボランティアをつなぐための活動をしています。自らも積極的にボランティアに参加しながら、「ボランティアの楽しさを発信し、地域と市大生をつなげる」「ボランティアに参加することで自分の経験値をあげる」、この二つを目標に掲げて活動しています。

※2 医学部学生団体YDC 医療の仕組みと適正利用を広めるために、「救急車不足や医療機関の使い分け」「熱中症の予防と対策」「感染症と予防接種」など保健体育や理科の内容も盛り込んだ授業を、小中学校に向けて行っています。この活動を通して学生自身も医療の現状を学び、良き医療者となることを目指しています。

■日時:2019年1月12日(土)14:00~17:00

■場所:八景キャンパス YCUスクエア1F ピオニーホール

■参加の申し込みはこちらまで↓
http://u0u0.net/NXLY

■主催:横浜市立大学ボランティア支援室学生スタッフ「Volunch」     横浜市立大学医学部学生団体YDC

■後援:金沢区役所

■お問い合わせ: ボランティア支援室学生スタッフVolunch stuvolun@yokohama-cu.ac.jp ボランティア支援室 voluntee@yokohama-cu.ac.jp  Tel:045-787-2444(10:00~17:00)