学会発表

2019年度
第22回理論化学討論会(2019年5月)
石井桐子、立川仁典、北幸海(ポスター発表)
「backflow変換を用いた新規振動座標による高精度非調和振動状態理論の開発」
大場優生、小林理、立川仁典(ポスター発表)
「経路積分分子動力学法を用いたミューオニウム化分子の理論計算」
The 23rd International Annual Symposium on Computational Science and Engineering(ANSCSE23), (Chanmai, Tailand on June 24-26, 2019)
Masanori Tachikawa, Osamu Kobayashi (Invited lecture)
Yuki Oba, Kiriko Ishi (Oral)
Takuya Ikeda, Sakura Okano, Maya Ozaki, Hiroki Sakagami, Tsugutoshi Nashiro (Poster)
The Cross-Disciplinary Conference on Stable Isotope Sciences (ISOTOPES 2019),(Raitenhaslach, Germany on July 7-12, 2019)
H. Sakagami, T. Ishimoto, and M. Tachikawa (Poster)
“Development of accurate anharmonic vibrational state theory using a novel vibrational coordinate based on backflow transformation”
31st International Conference on Photonic Electronic and Atomic Collisions (ICPEAC31)(Caen and Deauville, France, on 23 - 30 July, 2019)
Kiriko Ishii, Masanori Tachikawa, Yukiumi Kita (Poster)
“Development of accurate anharmonic vibrational state theory using a novel vibrational coordinate based on backflow transformation”
Kaito Dohi, Masanori Tachikawa, Yukiumi Kita (Poster)
“Theoretical analysis of the binding of a positron to acetaldehyde molecule”
Sakura Okano, Masanori Tachikawa (Poster)
“Path integral molecular dynamics simulations for muoniated and hydrogenated thioacetone radicals”
第13回分子科学討論会(2019年9月)
池田卓弥、小林理、平岡秀一、Yi-Yang Zhan、立川仁典(ポスター発表)
「内包分子による自己集合性ナノキューブの体積変化に関する理論的研究」
尾崎真椰、北幸海、立川仁典(ポスター発表)
「アミノ酸分子への陽電子束縛と対消滅機構の理論的解析」
坂上弘輝、石元孝佳、小林理、立川仁典(ポスター発表)
「金属表面へのCH4/CD4吸着におけるH/D同位体効果の解析に向けたCPLB法の開発」
高木牧人、前田理、立川仁典(ポスター発表)
「人工力誘起反応法を用いた炭化ケイ素の結晶構造予測」
石井桐子、立川仁典、北幸海(ポスター発表)
「backflow変換を用いた新規振動座標による非調和振動状態理論の開発」
土肥海人、立川仁典、北幸海(ポスター発表)
「振動励起状態におけるアセトアルデヒド分子への陽電子束縛と対消滅メカニズムの理論的解析」
日本コンピュータ化学会2019秋季年会(2019年10月)
石井桐子、立川仁典、北幸海(口頭発表)
「backflow変換を用いた新規振動座標による非調和振動状態理論の開発」
Nuttapon Yodsin, Chompoonut Rungnim, Supawadee Namuangruk, Siriporn Jungsuttiwong (UBI, Thailandより口頭発表)
「Theoretical Study of Catalytic CO2 Hydrogenation to Formic Acid over Pt-Decorated Carbon Nanocones」
尾崎真椰、立川仁典、北幸海(口頭発表)
「アミノ酸分子への陽電子束縛と対消滅機構の理論的解析」
土肥海人、立川仁典、北幸海(口頭発表)
「多原子分子に対する陽電子対消滅スペクトルに関する理論的解析」
Chanatkran Prommin, Khanittha Derdpol, Tinnakorn Saelee, Nawee Kungwan (CMU, Thailandよりポスター発表)
「Effects of Substituent, Pi-expansion and Additional Hydroxyl on the Excited State Single and Double Proton Transfer of 2-Hydroxybenzaldehyde and its Relative Compounds: A TD-DFT Static and Dynamics Study」
Rusrina Salaeh, Kajornsak Faungnawakij, Nawee Kungwan, Pussana Hirunsit (CMU, Thailandより、ポスター発表)
「Roles of Co13 and Ni13 Supported on γ-Al2O3(110) Surfaces for Aldehyde Hydrogenation: A theoretical study」
坂上弘輝、石元孝佳、立川仁典(ポスター発表)
「CPLB法の開発とRh表面へのメタン吸着に関するH/D同位体効果の解析」
第13回 物性科学領域横断研究会 (2019年 11月)
坂上 弘輝、石元 孝佳、立川 仁典
「金属表面への吸着機構に関する H/D 同位体効果の理論解析」
2018年度
第21回理論化学討論会(2018年5月)
小林理、南部伸孝、立川仁典(口頭発表)
「溶媒存在下における励起寿命」
大場優生、小林理、立川仁典(口頭発表)
「経路積分分子動力学法を用いたミューオニウム化合物の解析」
石井桐子、立川仁典、北幸海(ポスター発表)
「高精度非調和振動状態解析に向けたbackflow相関因子の開発」
Narissa Kanlayakan (Chiang Mai Univ.)、大場優生、Nawee Kungwan、立川仁典
Path integral molecular dynamics simulations for muoniated thioketone radicals」
土肥海人、立川仁典、北幸海
「アセトアルデヒド分子への陽電子束縛に対するH/D同位体効果の理論的解析」
日本コンピュータ化学会2018春季年会(2018年6月)
石井桐子、立川仁典、土肥海人(口頭発表)
「高精度非調和振動状態解析に向けたbackflow相関因子の開発」
土肥海人、立川仁典、北幸海(口頭発表)
「アセトアルデヒド分子への陽電子束縛に対するH/D同位体効果の理論的解析」
第12回分子科学討論会(2018年9月)
小林理、南部伸孝、立川仁典(口頭発表)
「レチナールモデル分子の励起寿命に対する溶媒効果」
小出卓哉、増子貴子、平岡秀一、長嶋雲兵、立川仁典(ポスター発表)
「カウンターアニオンが与える水溶性歯車状両親媒性分子の自己集合安定性に関する理論的研究」
古島弥来、北幸海、立川仁典(ポスター発表)
「CXY分子(X, Y = O, S, Se)の陽電子親和力に関する理論的研究」
市川敦規、大場優生、立川仁典(ポスター発表)
「経路積分分子動力学法を用いた四角酸結晶における相転移温度の理論的解析」
ナノテク交流シンポジウム(2019年3月)
石井桐子、市川敦規、小出卓哉、池田卓弥、岡野さくら、尾崎真椰、坂上弘輝、名城嗣敏(ポスター発表)
日本化学会第99春季年会(2019年3月)
市川敦規、立川仁典、石元孝佳、大場優生(口頭発表)
「経路積分分子動力学法を用いた四角酸結晶における相転移温度の理論的研究」
桑畑和明、立川仁典(口頭発表)
「経路積分分子動力学法を用いたNH4+-H2Oの構造の量子効果」
小出卓哉、増子貴子、平岡秀一、長嶋雲兵、立川仁典(口頭発表)
「自己集合した歯車状両親媒性分子に対するカウンターアニオン包接過程の理論的研究」
土肥海人、立川仁典、北幸海(ポスター発表)
「Theoretical analysis of the binding of a positron to acetaldehyde molecule」
石井桐子、立川仁典、北幸海(ポスター発表)
「Development of accurate anharmonic vibrational state theory using a novel vibrational coordinate based on backflow transformation」
2017年度
コンピュータ化学会2017春季年会(2017年6月)
小野邦彰、北幸海、立川仁典(口頭発表)
「ベンゼン誘導体への陽電子吸着と対消滅機構に関する理論的解析」
INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTATIONAL SCIENCE (ICCS2017), (Zürich, Switzerland, on 12-14 June, 2017)
Taro Udagawa, Kimichi Suzuki, and Masanori Tachikawa (Poster)
“A multicomponent QM study of H2 dissociation on small aluminum cluster”
XIX International Workshop on Low-Energy Positron and Positronium Physics XX International Symposium on Electron-Molecule Collisions and Swarms (POSMOL2017), (Amaroo, Magnetic Island, Queensland, Australia, on 22-24 July, 2017)
Masanori Tachikawa (Poster)
“First-principles study on the binding of a positron to polyatomic molecules”
30th International Conference on Photonic Electronic and Atomic Collisions (ICPEAC30) (Cairns, Queensland, Australia, on 26 July - 2 August, 2017)
Yuki Oba, Tsutomu Kawatsu, and Masanori Tachikawa (Poster)
“Path integral simulation on hyperfine coupling constants of muoniated and hydrogenated acetone radicals”
11th European Conference on Theoretical and Computational Chemistry (EucoTCC), (Barcelona, Spain, on 4-7 September, 2017)
Yuki Oba, Tsutomu Kawatsu, and Masanori Tachikawa (Poster)
“Path integral simulation on hyperfine coupling constants of muoniated and hydrogenated acetone radicals”
Aiko Hayashi, Yuki Oba, Tsutomu Kawatsu, and Masanori Tachikawa (Poster)
“Nuclear quantum effect on hydrogen fluoride trimer by ab initio path integral molecular dynamics simulation”
第11回分子科学討論会(2017年9月)
小出卓哉、増子貴子、平岡秀一、長嶋雲兵、立川仁典(ポスター発表)
「水溶性歯車状両親媒性分子の自己集合安定性に関する理論的研究」
小野邦彰、北幸海、立川仁典(ポスター発表)
「ベンゼン誘導体に対する陽電子吸着と対消滅機構に関する理論的解析」
石井桐子、立川仁典、北幸海(ポスター発表)
「高精度非調和振動状態解析に向けたbackflow相関因子の開発」
小林理、南部伸孝、立川仁典(ポスター発表)
「PME-ONIOM法のPIMDへの実装」
大場優生、河津励、立川仁典(ポスター発表)
「経路積分分子動力学法を用いたミューオニウム化分子の理論解析」
物理学会秋季大会(2017年9月)
大場優生, 河津励, 立川仁典(口頭発表)
「経路積分分子動力学法を用いたミューオニウム化合物の理論解析」
日本コンピュータ化学会2017秋季年会(2017年10月)
浦川海尋、山田裕里佳、北幸海、立川仁典(口頭発表)
「First-Principles Study on the Binding of a Positron to Polyatomic Molecules」
石井桐子、立川仁典、北幸海(口頭発表)
「分子動力学法を用いたC60分子の気相結晶成長に対する温度効果の解析」
ナノテク交流シンポジウム(2017年3月)
小野邦彰、加藤智紀、渡邊佳晶、熊田大晃、土肥海人、桑畑和明(ポスター発表)
日本化学会第97春季年会(2018年3月)
立川仁典(特別企画講演)
「歯車状両親媒性分子からなるナノキューブの安定性に関する理論的研究」
小林理、南部伸孝、立川仁典(口頭発表)
「経路積分分子動力学法へのParticle-mesh Ewald和とONIOM法の応用」
加藤智紀、増子貴子、羽毛田洋平、前田大光、立川仁典(口頭発表)
「分子動力学法を用いたBF2含有1,3-ジピロリル-1,3-プロパンジオンのピロール環回転に寄与するアニオン認識機構の理論的研究」
渡邊佳晶、北幸海、立川仁典(口頭発表)
「量子揺らぎを考慮した等方性水素核磁気遮蔽定数の理論的解析」
小野邦彰、北幸海、立川仁典(口頭発表)
「ベンゼン誘導体に対する陽電子束縛と対消滅機構に関する理論的解析」
小出卓哉、増子貴子、平岡秀一、長嶋雲兵、立川仁典(口頭発表)
「ヨウ化物イオンが与える水溶性歯車状両親媒性分子の自己集合安定性に関する理論的研究」
古島弥来、北幸海、立川仁典(ポスター発表)
「Theoretical study of the binding of a positron to CXY(X, Y = O, S) molecules」
土肥海人、立川仁典、北幸海(ポスター発表)
「アセトアルデヒド分子への陽電子束縛に対するH/D同位体効果の理論的解析」
石井桐子、立川仁典、北幸海(ポスター発表)
「高精度非調和振動状態解析に向けたbackflow相関因子の開発」
2016年度
Electronic Structures: Principles and Applications (ESPA2016), (Castellon de la Plana, Spain, on 28 June - 1 July, 2016)
Yusuke Kanematsu and Masanori Tachikawa (Poster)
“LOW-BARRIER HYDROGEN BONDING OF PHOTOACTIVE YELLOW PROTEIN BY COMBINATION OF ONIOM AND MULTICOMPONENT QUANTUM MECHANICS”
2016 International Confederation for Thermal Analysis and Calorimetry, (Orlando, Florida, USA, on 14-19 August, 2016)
Masanori Tachikawa (Poster)
“PATH INTEGRAL SIMULATION FOR HYDROGEN BONDED SYSTEMS: PROTONIC QUANTUM NATURE AND ITS H/D ISOTOPE EFFECT”
12th European Conference on Atoms Molecules and Photons (ECAMP12), (Frankfurt, Germany, on 5-9 September, 2016)
Yuki Oba, Tsutomu Kawatsu, and Masanori Tachikawa (Poster)
“Path integral simulation on muoniated acetone radical”
第10回分子科学討論会(2016年9月)
山本魁知、兼松佑典、長嶋雲兵、上田顕、森初果、立川仁典(ポスター発表)
「κ-H3(Cat-EDT-TTF)2におけるH/D同位体効果の理論的解析」
大場優生、河津励、立川仁典(ポスター発表)
「経路積分法を用いたミューオニウム化分子の理論解析」
河津励、立川仁典(ポスター発表)
「H2/HD@C60フラーレンにおけるNMR核磁気遮蔽定の計算」
佐久間柚衣、増子貴子、平岡秀一、長嶋雲兵、立川仁典(ポスター発表)
「V字型二座配位子からなるPd2L4かご型錯体の自己集合過程に関する理論的研究」
宇田川太郎、立川仁典(ポスター発表)
「原子核の量子効果を考慮した多成分分子軌道-NEB法による水素移動反応の解析」
浦川海尋、北幸海、立川仁典(ポスター発表)
「アセトニトリルの陽電子親和力に対するH/D同位体効果の理論的解析」
コンピュータ化学会2016秋季年会(2016年10月)
石井桐子、柏葉幸佑、北幸海(ポスター発表)
「分子動力学法を用いたC60フラーレン分子の気相結晶成長に対する温度効果の解析」
増子貴子、平岡秀一、長嶋雲兵、立川仁典(ポスター発表)
「歯車状両親媒性分子の自己集合に関する理論的研究」
5th International Symposium on Dynamical Ordering of Biomolecular Systems for Creation of Integrated Functions, (The University of Tokyo, Komaba, on 21-22 January, 2017)
Takako Mashiko, Shuichi Hiraoka, Umpei Nagashima, and Masanori Tachikawa (Poster)
“Molecular dynamics study on dynamic features for nanocube formed with gear-shaped amphiphile molecules”
Yui Sakuma, Takako Mashiko, Shuichi Hiraoka, Umpei Nagashima, and Masanori Tachikawa (Poster)
“Theoretical study of the self-assembly process on Pd2L4 cage complex”
Takuya Koide, Takako Mashiko, Shuichi Hiraoka, Umpei Nagashima, and Masanori Tachikawa (Poster)
“Theoretical study on the stability of self-assembled water-soluble gear-shaped amphiphile molecules”
Tomoki Kato and Masanori Tachikawa (Poster)
“Theoretical study on a pyrrole rotation of the anion binding system with DFT calculation”
第6回サイエンス・インカレ(2017年3月)
石井桐子(口頭発表)
「フラーレンC60の気相における結晶核形成メカニズムの解明〜分子動力学法を用いて〜」
ナノテク交流シンポジウム(2017年3月)
浦川海尋、大場優生、佐久間柚衣、山本魁知、石井桐子、市川敦規、小出卓哉(ポスター発表)
日本化学会第97春季年会(2017年3月)
浦川海尋、北幸海、立川仁典(口頭発表)
「多原子分子の陽電子親和力に対するH/D同位体効果の理論的解析」
佐久間柚衣、増子貴子、平岡秀一、長嶋雲兵、立川仁典(口頭発表)
「Pd2L4かご型錯体の自己集合過程に関する理論的研究」
2015年度
コンピュータ化学会2015春季年会(2015年5月)
浦川海尋、北幸海、立川仁典(口頭発表)
「シアン化水素における陽電子親和力のH/D同位体効果の理論的解明」
大場優生、河津励、立川仁典(口頭発表)
「経路積分分子動力学法を用いたミューオニウム化アセトンの解析」
TheoBio2015, (Cagliari, Italy, on 8-12 June, 2015)
Y. Kanematsu and M. Tachikawa (Poster)
“H-bonding geometry of photoactive yellow protein calculated by the combination of ONIOM and multi-component quantum mechanics”
XVIII International Workshop on Low-Energy Positron and Positronium Physics XIX International Symposium on Electron-Molecule Collisions and Swarms (POSMOL2015), (Lisboa, Portugal, on 18-20 July, 2015)
Masanori Tachikawa (Poster)
“Theoretical analysis of positron-molecular complexes: From small molecules to large biomolecules”
Yukiumi Kita, Yurika Yamada, and Masanori Tachikawa (Poster)
“Theoretical study of the effect of molecular vibrations on the positron binding to polyatomic molecules with multi-component molecular orbital and quantum Monte Carlo methods”
Takayuki Oyamada and Masanori Tachikawa (Poster)
“Multi-component ab initio study on positron attachment to weakly polar FH molecule: The role of molecular vibration and the electron-positron correlation”
Yu Takeda, Yukiumi Kita, Takayuki Oyamada, and Masanori Tachikawa (Poster)
“Implementation of model potential in ab initio calculation of positronic compounds”
YUmihiro Urakawa, Yukiumi Kita, and Masanori Tachikawa (Poster)
“Theoretical analysis of H/D isotope effect on positron affinity of hydrogen cyanide molecule”
29th International Conference on Photonic Electronic and Atomic Collisions (ICPEAC29) (Toledo, Spain, on 21-28 July, 2015)
Masanori Tachikawa (Poster)
“Theoretical analysis of positron-molecular complexes: From small molecules to large biomolecules”
Yukiumi Kita, Yurika Yamada, and Masanori Tachikawa (Poster)
“Theoretical study of the effect of molecular vibrations on the positron binding to polyatomic molecules with multi-component molecular orbital and quantum Monte Carlo methods”
第9回分子科学討論会(2015年9月)
増子貴子、平岡秀一、長嶋雲兵、立川 仁典(口頭発表)
「歯車状両親媒性分子とそのナノキューブにおける置換基効果と溶媒効果に関する理論的研究」
大場優生、河津励、立川仁典(ポスター発表)
「経路積分分子動力学法を用いたミューオニウム化アセトンの解析」
兼松佑典、鷹野優、立川仁典(口頭発表)
「Photoactive Yellow Proteinに現れるH/D同位体効果の理論的解析」
佐久間柚衣、増子貴子、平岡秀一、長嶋雲兵、立川仁典(ポスター発表)
「[Pd2L4]4+かご型錯体の自己集合過程における溶媒効果の理論的研究」
河津励、立川仁典(口頭発表)
「プロトン化シクロプロパンにおけるメチル基回転の量子効果による抑制」
宇田川太郎、鈴木机倫、立川仁典(ポスター発表)
「多成分分子軌道-NEB法の開発と応用計算」
小山田隆行、立川仁典(ポスター発表)
「多成分系第一原理手法による電子-陽電子対消滅率の高精度算定」
山本魁知、兼松佑典、立川仁典 (ポスター発表)
「水素結合型分子導体H3(Cat-EDT-TTF)2におけるH/D同位体効果による相転移機構の理論的解析」
浦川海尋、北幸海、立川仁典(ポスター発表)
「シアン化水素の陽電子親和力に対するH/D同位体効果の理論的解析」
コンピュータ化学会2015秋季年会(2015年10月)
宇田川太郎、橋本茉莉名、鈴木机倫、立川仁典(口頭発表)
「多成分分子軌道-NEB法の開発と応用計算」
北幸海、藤岡蔵、立川仁典(ポスター発表)
「量子モンテカルロ法による多原子分子の非調和振動解析」
増子貴子、平岡秀一、長嶋雲兵、立川仁典(口頭発表)
「混合溶媒中の歯車状両親媒生分子とそのナノキューブに関する理論的研究」
兼松佑典、立川仁典(口頭発表)
「Photoactive,Yellow Proteinに現れる低障壁水素結合の理論的解析」
9th International Conference on ENERGY - MATERIALS - NANOTECHNOLOGY (9thEMN), (Istanbul, Turkey, 9-11 November, 2015)
K. Suzuki, M. Tachikawa, M. Kayanuma, Y. Oko, U. Nagashima, H. Nishihara, and T. Kyotani (Poster)
“Theoretical Study on Hydrogen Adsorption and Diffusion in Spillover Process on Microporous Carbon”
The 4th International Symposium on Dynamical Ordering of Biomolecular Systems for Creation of Integrated Functions, (Fukuoka, Japan, on 22-23 November, 2015)
Takako Mashiko, Shuichi Hiraoka, Umpei Nagashima, Masanori Tachikawa (Poster)
“Theoretical study with the CH3 groups of self-assembled nanocube in aqueous methanol solvent”
Yui Sakuma, Takako Mashiko, Shuichi Hiraoka, Umpei Nagashima, Masanori Tachikawa (Poster)
“Final stage of the self-assembly process on [Pd2L4]4+cage complex in solvent with DFT calculation”
Tomoki Kato, Yui Sakuma, Takako Mashiko, Masanori Tachikawa (Poster)
“Theoretical study on pyrrole rotateon of the anion binding system with DFT calculation”
International USMM &CMSI Workshop, (Hongo, Tokyo, Japan, on 5-9 January, 2016)
Yuki Oba, Tsutomu Kawatsu, and Masanori Tachikawa (Oral contribution)
“Path integral simulation on muoniated acetone radical”
第5回サイエンス・インカレ(2016年3月)
石井桐子(ポスター発表)
「気相結晶成長におけるC60フラーレン分子の振舞い〜分子動力学法を用いて〜」
ナノテク交流シンポジウム(2016年3月)
植田敦子、武田湧、浜田洋次郎、日高愛唯、渡邉沙羅、伊藤泰地、加藤智紀、渡邊佳晶(ポスター発表)
日本化学会第96春季年会(2016年3月)
兼松佑典、立川仁典、鷹野優(口頭発表)
「Photoactive Yellow Protein の構造と分光スペクトルに現れるH/D同位体効果」
浜田洋次郎、兼松佑典、立川仁典(口頭発表)
「QM/MM 法を用いたシアル酸転移酵素反応の理論的解明」
日高愛唯、兼松佑典、北幸海、立川仁典(口頭発表)
「Pyrrolidinium p-chlorobenzoate における35Cl NQR周波数のH/D同位体効果の理論的研究」
物理学会第71回年次大会(2016年3月)
渡邉紗羅, 河津励 立川仁典(口頭発表)
「水素結合型強誘電体におけるH/D同位元素効果の理論的研究」
武田湧, 小山田隆行, 北幸海, 立川仁典(口頭発表)
「陽電子化合物の第一原理計算におけるモデルポテンシャルの実装」
植田敦子, 北幸海, 立川仁典(口頭発表)
「大気負イオンNO3-(HNO3)2とその一水和物の安定構造に関する理論的解析」
2014年度
コンピュータ化学会2014春季年会(2014年5月)
日高愛唯、北幸海、立川仁典(口頭発表)
「多成分密度汎関数理論による核の量子揺らぎを考慮した核磁気遮蔽定数の理論的解析」
渡邉紗羅、立川仁典(口頭発表)
「水分子を付加したアデニン-チミン対の水素結合における原子核の量子効果の及ぼす影響」
武田湧、北幸海、立川仁典(口頭発表)
「振動量子モンテカルロ法による無極性分子の振動励起状態への陽電子吸着に関する理論的解析」
宇田川太郎、常田貴夫、立川仁典(口頭発表)
「電子-核相関を評価するための相関汎関数の開発」
植田敦子、北幸海、立川仁典(口頭発表)
「イオン核NO3-(HNO3)2・水クラスターの安定構造に関する理論的研究」
第17回理論化学討論会(2014年5月)
宇田川太郎、常田貴夫、立川仁典(口頭発表)
「電子 - 核相関を評価するための相関汎関数の開発」
緒方勇大、川島雪生、高橋開人(口頭発表)
「原子核の量子効果と温度効果を考慮したOH-(H2O)2クラスターの理論研究」
藤岡蔵、北幸海、立川仁典(ポスター発表)
「量子モンテカルロ法を用いた多原子分子の分光定数に関する理論的解析」
9th Congress on Electronic Structure: Principles and Applications (ESPA 2014), (Badajoz, Spain, on 2-4 July, 2014)
Masanori Tachikawa (Oral contribution)
“First-principles calculation for positron binding to molecules”
第8回分子科学討論会(2014年9月)
宇田川太郎、常田貴夫、立川仁典(口頭発表)
「電子-核相関のための相関汎関数の開発」
植田敦子、北幸海、立川仁典(ポスター発表)
「大気イオンNO3-(HNO3)2とその水クラスターの安定構造に関する理論的解析」
日髙愛唯、兼松佑典、北幸海、立川仁典(ポスター発表)
「多成分密度汎関数理論を用いた核磁気遮蔽定数に関する理論的解析」
渡邉紗羅、緒方勇大、河津励、立川仁典(ポスター発表)
「アデニンーチミン対・水クラスターにおける原子核の量子効果の影響」
増子貴子、平岡秀一、長嶋雲兵、立川仁典(ポスター発表)
「混合溶媒中における歯車状両親媒性分子の動的特性に関する理論的研究」
藤岡蔵、北幸海、立川仁典(口頭発表)
「量子モンテカルロ法を用いた多原子分子の非調和振動解析」
北幸海、山田裕里佳、立川仁典(口頭発表)
「分子振動を考慮した多原子分子への陽電子吸着に関する理論的解析」
緒方勇大、河津励、立川仁典(口頭発表)
「原子核の量子効果を考慮した硫化水素イオンクラスターにおける水素結合の理論的解析」
河津励、立川仁典(ポスター発表)
「経路積分分子動力学法を用いたプロトン化シクロプロパンの解析」
小山田隆行、立川仁典(ポスター発表)
「多成分系第一原理計算による極性の弱いハロゲン化水素分子への陽電子束縛機構の研究」
コンピュータ化学会2014秋季年会(2014年10月)
武田湧, 北幸海, 立川仁典(口頭発表)
「陽電子化合物に対する第一原理計算へのモデルポテンシャルの実装」
10th Congress of the World Association of Theoretical and Computational Chemists (WATOC 2014), (Santiago, Chili, on 5-10 October, 2014)
Masanori Tachikawa (Oral contribution)
“First-principles calculation for positron binding to molecules”
Yukiumi Kita and Masanori Tachikawa (Poster)
Theoretical investigation of the effect of molecular vibrations on the binding of a positron to polyatomic molecules”
8th International Conference on ENERGY - MATERIALS - NANOTECHNOLOGY (8thEMN), (Orlando, Florida, USA, 22 - 25 November, 2014)
K. Suzuki, M. Tachikawa, M. Kayanuma, Y. Oko, U. Nagashima, H. Nishihara, and T. Kyotani (Poster)
“Theoretical Study on Hydrogen Adsorption and Diffusion in Spillover Process on Microporous Carbon”
Core-to-Core International Symposium on Ionization-Induced Switching, (TU Berlin, Germany, 12-15 December, 2014)
Takako Mashiko and Masanori Tachikawa (Poster)
“Molecular dynamics simulations of self-assembled nanocubes in aqueous methanol”
The 3rd International Symposium on Dynamical Ordering of Biomolecular Systems for Creation of Integrated Function, (Toba, Mie, Japan, on 10-11 January, 2015)
Masanori Tachikawa (Poster)
“Development of quantum simulation methods for exploring self-assembly mechanism of supra and biomolecular systems”
Takako Mashiko, Shuichi Hiraoka, Umpei Nagashima, Masanori Tachikawa (Poster)
“Molecular dynamics simulation of self-assembled nanocubes in aqueous methanol”
第4回サイエンス・インカレ(2015年3月)
大場優生、立川仁典(ポスター発表)
「Let Mu Go in Silico. 経路積分法を用いてミューオニウムが付加したアセトンの構造を解析する!」
ナノテク交流シンポジウム(2015年3月)
緒方勇大、藤岡蔵、浦川海尋、大場優生、佐久間柚衣、中山涼太、山本魁知(ポスター発表)
日本化学会第95春季年会(2015年3月)
佐久間柚衣、増子貴子、平岡秀一、長嶋雲兵、立川仁典(口頭発表)
「「二核Pd(II)かご型錯体の自己集合過程の追跡(2):配位子交換機構の理論的研究」
増子貴子、平岡秀一、長嶋雲兵、立川仁典(口頭発表)
「混合溶媒中における歯車状両親媒性分子とそのナノキューブに対する溶媒分布の理論的研究」
江頭和宏、山田裕里佳、北幸海、立川仁典(口頭発表)
「クロム2量体正イオンの磁気特性:光吸収による決定」
中山涼太、北幸海、立川仁典(ポスター発表)
「振動量子モンテカルロ法による低障壁水素結合クラスターH3O2-の振動状態解析」
物理学会第70回年次大会(2015年3月
大場優生,河津励,立川仁典(口頭発表)
「経路積分分子動力学法を用いたミューオニウム化アセトンの解析」
過去の学会発表はこちら

▲pagetop