1. ホーム >
  2. 事業紹介 >
  3. YCU TOPICS

YCU TOPICS

「未来はデータで見えてくる」

2020年4月、データサイエンス研究科開設予定

2018年4月に首都圏で初となるデータサイエンス学部を開設した横浜市立大学。2020年4月には、データサイエンス専攻(博士前期課程、博士後期課程)とヘルスデータサイエンス専攻(博士前期課程)の2専攻からなる研究科を新設し、さらに高度なデータサイエンティストの育成を開始します。

データサイエンス研究科は、Society5.0 に向けて IoT や AI などの先端技術を用いてデータを解析・活用し、社会にイノベーションをもたらすことのできる高度なスキルと実践力を持つデータサイエンティストの育成・輩出を目指します。

データサイエンス専攻は博士前期課程と博士後期課程を擁し、データ駆動型社会における社会課題の解決に貢献できる高度なデータサイエンティスト育成のための教育課程を展開します。データアナリティクス力、データエンジニアリング力、社会展開力の3つの力の涵養につながる研究を推進するとともに、PBL(Project Based Learning)による学びを特徴としています。専門領域ごとの手厚い指導体制のもと、全員参加型の実践的演習とユニークなカリキュラムにより、理論だけではなく、実社会に貢献できる力を身に付けます。

ヘルスデータサイエンス専攻は、国内で唯一、医学部とデータサイエンス学部を併せ持つ大学の強みを生かし、日本で初めてのヘルス領域に特化した大学院として特徴的な教育・研究を展開します。データサイエンスの手法と医療の専門性を融合させることにより、ヘルス分野(医療・予防・介護)における学術的意義が高く、かつ具体的な問題(リサーチクエスチョン)の解決を提案し、提供される医療の質の向上や、予防・介護の質の向上に寄与する人材の育成を目指します。

データサイエンス研究科は、社会人でも学びやすい横浜みなとみらいエリアに設置予定のサテライトキャンパスと金沢八景キャンパスで講義が行われます。

<データサイエンス研究科概要>

WiDS TOKYO @ Yokohama City University プロジェクト

データサイエンス人材の育成を目指し、
世界的な活動 WiDS を推進!

2019年3月、第1回目のシンポジウムWiDS TOKYO @ Yokohama City UniversityがJR新宿ミライナタワーにて開かれました。これは、YCUデータサイエンス推進センターが産官学の幅広い協力を得て実施したもので、データサイエンス分野で活躍している女性データサイエンティストによる講演や、参加型のコンテスト「アイディア・チャレンジ」の最終審査・表彰を行い、データサイエンス分野の次世代を担う人材の育成促進を目指した活動です。

WiDSとは、Women in Data Scienceの略で、米国スタンフォード大学が中心となって進めている取組で、超スマート社会を牽引するデータサイエンス分野に男女の別なく多くの人材をいざない、教育し、支援する、世界的な活動です。

日本では、昨年度、YCUデータサイエンス推進センターの小野陽子准教授が、スタンフォード大学より初めてWiDSのアンバサダーとして認定されました。データサイエンス分野のいわば国内エヴァンジェリスト(伝道者)として、本年度も引き続きスタンフォード大学との連携のもと、“WiDS Tokyo @ Yokohama City University”プロジェクトを進めています。

このプロジェクトでは、本年度すでに4回のワークショップを開催しており、9月には、米国スタンフォード大学よりJudy Logan氏を迎え、2度のワークショップを実施しました。さらに2020年3月には第2回目のシンポジウム開催を予定しています。また、第2回「アイディア・チャレンジ」も実施します。

YCUデータサイエンス推進センターでは、今後も産学官の幅広い協力を得て、データサイエンス分野で活躍する人材を育成すべく、データサイエンスの意義、面白さを広く伝えていくために本プロジェクトを進めていきます。詳細は、Webサイト(URL:https://wids-ycu.jp)にて随時公開していますので、是非ご覧ください。後援会の皆様には、ご支援をよろしくお願いいたします。

 

このページのトップへ