ホーム > 教室業績 > 学会発表

学会発表

  <2020年>  <2019年> 

 

<2020年>

Gorur A, Patino M, Shi T, Takahashi H, Myers JN, Cata JP: The mu-opioid receptor antagonist methylnaltrexone can decrease tumorigenesis in head and neck squamous cell carcinoma. AACR Annual Meeting 2020, Philadelphia, PA, 2020, 4.

 

Masubuchi T, Kitani Y, Fushimi C, Kawakita D, Takahashi H, Takeishi E, Kaneko T, Kanno C, Yamazaki M, Tanaka J, Kitajima T, Hanyu K, Toya K, Takahashi A, Okura N, Akahane M, Miura K, Kamata S, Tada Y: Low-dose cisplatin administration through the superficial temporal artery combined with definitive radiotherapy for maxillary sinus squamous cell carcinoma. ASCO Annual Meeting 2020, Chicago, IL, 2020, 5.

 

Takahashi H, Nishimura G, Sano D, Arai Y, Hatano T, Oridate N: Absence of p53 in cancer cells promote growth and reprogramming of the nerves to fuel cancer progression. The 79th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, Hiroshima, 2020, 10.

 

青木登志将, 田口享秀, 牧山祐希, 澤熊香衣, 折舘伸彦: 頭頸部癌に対する免疫チェックポイント阻害剤治療後の抗癌剤及びnivolumab re-challengeが有効であった症例. 第30回日本頭頸部外科学会, 宜野湾, 2020, 1.

 

荒井康裕, 佐野大佑, 高橋秀聡, 田辺輝彦, 波多野孝, 西村剛志, 森下大樹, 和田昂, 折舘伸彦: 嗅神経芽細胞腫肺門リンパ節転移に対して免疫チェックポイント阻害薬を施行した1例. 第121回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 岡山, 2020, 10.

 

荒井康裕, 和田昂, 森下大樹, 磯野泰大, 折舘伸彦: 一側聴耳側に生じた外耳道癌の2例. 第30回日本耳科学会総会・学術講演会, 北九州, 2020, 10.

 

荒井康裕: テーマセッション1 次世代シーケンサー時代の難聴遺伝子診断と臨床応用 先天性難聴. 第30回日本耳科学会総会・学術講演会, 北九州, 2020, 10.

 

荒井康裕, 和田昂, 森下大樹, 磯野泰大, 内山唯史, 梅宮彩香, 菊浦美宇, 生井友紀子, 中川辰雄, 宇佐美真一: 当科における複数回ASSRを施行した症例の検討. 第65回日本聴覚医学会総会・学術講演会, 名古屋, 2020, 10.

 

生駒亮, 松浦省己, 矢野実裕子, 松本悠, 田中文平, 折舘伸彦: 原発巣摘出術20年後に認められた腎癌甲状腺転移例. 第32回内分泌外科学会総会・学術講演会, 長崎, 2020, 9.

 

生駒亮, 松浦省己, 矢野実裕子, 松本悠, 羽田華練, 折舘伸彦: 当科を初診した尋常性天疱瘡症例. 第121回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 岡山, 2020, 10.

 

内山唯史, 梅宮彩香, 菊浦美宇, 生井友紀子, 和田昂, 森下大樹, 荒井康裕: 軟骨伝導補聴器と気導補聴器の両耳装用となった2症例. 第65回日本聴覚医学会総会・学術講演会, 名古屋, 2020, 11.

 

折舘伸彦: ランチョンセミナー1. 頭頸部がんにおけるがん免疫療法.第30回日本頭頸部外科学会, 宜野湾, 2020, 1.

 

折舘伸彦: 学術講演 免疫チェックポイント阻害剤の新展開.第121回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 岡山, 2020, 10.

 

折舘伸彦: <第62群 > 腫瘍基礎3 KEYNOTE‑048試験:再発または転移性頭頸部扁平上皮癌に対するペムブロリズマブによる一次治療:日本人サブグループ最終解析. 第121回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 岡山, 2020, 10.

 

河野敏朗, 島田翔子, 鈴木一宏, 松島明美, 生駒亮, 石戸谷淳一, 岩村節子, 鯨井和朗, 高畑喜延, 古川滋, 佐藤博久, 河合敏, 小勝敏行, 栗原美樹, 池田陽一, 折館伸彦: 突発性難聴Grade4の予後因子と治療法別によるROC曲線から得られたカットオフ値について. 第121回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 岡山, 2020, 10.

 

佐野大佑, 波多野孝, 高橋秀聡, 西村剛志, 折舘伸彦: 頭頸部扁平上皮癌における再発、転移病変腫瘍径のニボルマブ治療効果予測に対する有用性について. 第121回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 岡山, 2020, 10.

 

塩野理, 金子光裕, 逆井清, 山本学慧, 丹羽一友, 波多野孝, 荒井康裕, 折舘伸彦:併用舌下免疫治療における副作用とその管理.第121回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 岡山, 2020, 10.

 

角友理恵, 谷垣裕二, 山本学慧, 井上綾佳, 平井友梨, 折舘伸彦: 顔面神経麻痺が疑われたTolosa-Hunt症候群の1症例. 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第193回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会, WEB開催, 2020, 11.

 

高橋秀聡, 佐野大佑, 荒井康裕, 波多野孝, 田辺輝彦, 西村剛志, 折舘伸彦: 口腔扁平上皮癌における交感神経密度と予後との関連. 第30回日本頭頸部外科学会, 宜野湾, 2020, 1.

 

高橋秀聡, 西村剛志, 佐野大佑, 荒井康裕, 波多野孝, 折舘伸彦: p53機能欠失による癌関連神経の再プログラミング. 第44回日本頭頸部癌学会, 大阪, 2020, 7.

 

高橋秀聡: がん微小環境に関する基礎研究の進歩. 第14回頭頸部癌基礎研究会, 仙台, 2020, 9.

 

高橋秀聡, 西村剛志, 佐野大佑, 荒井康裕, 波多野孝, 折舘伸彦: 頭頸部扁平上皮癌の癌微小環境における神経の役割. 第121回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 岡山, 2020, 10.

 

田口享秀, 牧山祐希, 澤熊香衣, 青木登志将, 山下ゆき子, 山本学慧, 折舘伸彦: MTV, TLG, p16を用いた頭頸部扁平上皮癌における治療選択の検討.第30回日本頭頸部外科学会, 宜野湾, 2020, 1.

 

田辺輝彦, 白石千壽瑠, 吉田興平, 波多野孝, 荒井康裕, 佐野大佑, 西村剛志, 折舘伸彦: 当科における進行下咽頭喉頭扁平上皮癌に対する根治目的治療の検討. 第121回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 岡山, 2020, 10.

 

丹羽一友, 塩野理, 逆井清, 二宮啓彰, 白石千壽瑠, 折舘伸彦: 甲状腺悪性リンパ腫の6例. 第121回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 岡山, 2020, 10.

 

波多野孝, 佐野大佑, 青山準, 高橋秀聡, 田辺輝彦, 桑原達, 荒井康裕, 西村剛志, 折舘伸彦:根治手術として喉頭摘出を要した局所進行喉頭・下咽頭扁平上皮癌症例の予後予測におけるCARの有用性. 第30回日本頭頸部外科学会, 宜野湾, 2020, 1.

 

波多野孝, 高橋秀聡, 佐野大佑: 根治治療としてCRTを施行した中咽頭扁平上皮癌症例の予後予測におけるF-NLRの有用性. 第58回日本癌治療学会学術集会, 京都, 2020, 10.

 

平井友梨, 畠山博充, 小松正規, 柴田邦彦, 磯野泰大, 池宮城秀崇, 大氣大和, 鬼島菜摘, 谷口彩香, 福井健太, 折舘伸彦: 両側に生じた下咽頭梨状陥凹瘻の症例. 第30回日本頭頸部外科学会, 宜野湾, 2020, 1.

 

森下大樹, 荒井康裕, 中川千尋, 折舘伸彦: 小型防犯カメラとVRゴーグルによる簡易赤外線フレンツェル眼鏡の試作. 第30回日本耳科学会総会・学術講演会, 北九州, 2020, 10.

 

<2019年>

Aizawa Y, Takada K, Sano D, Oridate N: Identifying hub genes associated with distant metastasis of salivary adenoid cystic carcinoma by co-expression analysis. The 78th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, Osaka, 2019, 9.

 

Amit M, Takahashi H, Hunt P, Su SY, Kupferman ME, Hanna EY, Demonte F, Raza SM: The Symptom Burden of Treatment-Naive Patients with Infratemporal Fossa Malignant Tumors. The 29th Annual Meeting North American Skull Base Society, Orlando, 2019, 2.

 

Amit M, Takahashi H, Kupferman ME, Hunt P, Su SY, Demonte F, Hanna EY, Raza SM: Patterns of Treatment Failure in Patients with Infratemporal Fossa Malignancies. The 29th Annual Meeting North American Skull Base Society, Orlando, 2019, 2.

 

Fushimi C, Kawakita D, Takahashi H, Nagao T, Hirai H, Saigusa N, Masubuchi T, Matsuki T, Okada T, Baba D, Miura K, Saotome T, Tada Y: Combined androgen blockade in patients with advanced androgen receptor–positive salivary gland carcinoma: Exploratory biomarker analyses. European Society for Medical Oncology Congress, Barcelona, 2019, 9.

 

Sano D, Tokuhisa M, Ichikawa Y, Oridate N: Treatment outcome of the EXTREME regimen as first-line therapy and nivolumab as second-line or third-line therapy for recurrent/metastatic head and neck squamous cell carcinoma in a multiple-center study. The 57th Annual Meeting of Japanese Society of Clinical Oncology, Fukuoka, 2019, 10.

 

Takahashi H, Lindemann A, Patel AA, Meraz IM, Majidi M, Osman AA, Myers JM: Wee1 inhibitor AZD1775 enhances blockade of PD-1 in HNSCC cells expressing HPV16 E6/E7 oncoproteins. American Head and Neck Society Annual Meeting, San Antonio, 2019, 5.

 

Takahashi H, Kawakita D, Fushimi C, Nagao T, Hirai H, Saigusa N, Masubuchi T, Matsuki T, Okada T, Baba D, Miura K, Saotome T, Tada Y: Trastuzumab plus docetaxel in patients with advanced HER2–positive salivary duct carcinoma: Exploratory biomarker analyses. European Society for Medical Oncology Congress, Barcelona, 2019, 9.

 

Kawano T, Ikoma R, Ishitoya J, Oridate N: Prognostic factors for the hearing outcome in patients with profound idiopathic sudden sensorineural hearing loss (ISSHL) receiving the triple combined treatment. XLVIth Congress of the International Neurootological & Equilibriometric Society, Tokyo, 2019, 5.

 

Takada K, Aizawa Y, Sano D, Okuda R, Sekine K, Ueno Y, Aoyama J, Hatano T, Arai Y, Taniguchi H, Oridate N: Establishment of PDX-derived salivary gland adenoid cystic carcinoma cell lines using organoid culture method. The 78th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, Kyoto, 2019, 9.

 

Takahashi M, Okano M, Iwasaki S, Noguchi Y: IgG4 expression in patients with eosinophilic otitis media. 32nd Politzer Society Meeting, Warsaw, 2019, 5.

 

荒井康裕, 波多野孝, 田辺輝彦, 佐野大佑, 西村剛志, 折舘伸彦: 蝶形洞髄膜脳瘤を伴う鼻性髄液漏の1例. 第29回日本頭頸部外科学会ならびに学術講演会, 仙台, 2019, 1.

 

荒井康裕, 末永潤: 前頭蓋底術後における複視、眼球陥凹について. 第4回関東経鼻内視鏡手術セミナー, 品川, 2019, 3.

 

荒井康裕: 経鼻内視鏡下鼻腔腫瘍摘出術後に診断に難渋し前頭蓋底手術を要した1例. 第31回日本頭蓋底外科学会, 神戸, 2019, 7.

 

荒井康裕: 後天性中耳真珠腫及び慢性中耳炎例における鼻副鼻腔の解剖学的検討. 第29回日本耳科学会総会・学術講演会, 山形, 2019, 10.

 

荒井康裕: 当科における若年発症型両側性感音難聴症例の検討. 第64回日本聴覚医学会総会・学術講演会, 大阪, 2019, 11.

 

池田浩明, 生駒 亮, 松浦省己, 松本 悠, 折舘伸彦: 緊急気道確保を必要とした甲状腺腫瘍内出血例. 第81回耳鼻咽喉科臨床学会総会・学術講演会, 名古屋, 2019, 6.

 

生駒 亮, 矢野実裕子, 折舘伸彦: EMMMを施行した上顎洞含歯性嚢胞例. 第29回日本頭頸部外科学会ならびに学術講演会, 仙台, 2019, 1.

 

生駒 亮, 松浦省己, 矢野実裕子, 松本 悠, 田中文平, 羽田華練, 渡邉 至, 折舘伸彦: 甲状腺腫瘍手術における術後声帯麻痺の検討. 第120回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 大阪, 2019, 5.

 

生駒 亮, 河野尚美, 折舘伸彦: 甲状腺全摘10年後に顕在化した甲状舌管濾胞腺癌の1例. 第43回日本頭頸部癌学会, 金沢, 2019, 6.

 

内山唯史, 梅宮彩香, 生井友紀子, 菊浦美宇, 荒井康裕: 補聴器と人工内耳のバイモーダルとなった症例の調査検討—人工内耳埋め込み術後に補聴器調整を行った1例. 第64回日本聴覚医学会総会・学術講演会, 大阪, 2019, 11.

 

内山唯史, 荒井康裕, 梅宮彩香, 生井友紀子, 折舘伸彦: 構音訓練を行った難聴児の構音変化と聴取成績の検討. 第64回日本音声言語医学会・学術講演会, 浦和, 2019, 10.

 

笠井理行, 森 牧子, 折舘伸彦: 内視鏡下手術で摘出した Sinonasal glomangiopericytomaの2例. 第58回日本鼻科学会総会・学術講演会, 東京, 2019, 10.

 

河野敏朗, 湯田恵子, 松島明美, 生駒 亮, 石戸谷淳一, 岩村節子, 鯨井和朗, 高畑喜延, 古川滋, 佐藤博久, 河合 敏, 小勝敏行, 栗原美樹, 池田陽一, 折館伸彦: 突発性難聴171例(Grade 4)の予後因子と ROC 曲線から得られたカットオフ値の有用性について. 第120回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 大阪, 2019, 5.

 

佐野大佑, 田辺輝彦, 波多野 孝, 荒井康裕, 西村剛志, 折舘伸彦: 当院における再発・転移性頭頸部扁平上皮癌に対するEXTREMEレジメンを用いた治療について. 第29回日本頭頸部外科学会ならびに学術講演会, 仙台, 2019, 1.

 

佐野大佑, 藤澤琢郎, 波多野 孝, 西村剛志, 岩井 大, 折舘伸彦: 再発・転移性頭頸部扁平上皮癌に対するEXTREMEレジメンによる治療効果に関する多施設後向きコホート研究. 第120回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 大阪, 2019, 5.

 

塩野 理, 折舘伸彦, 三保 仁: スギおよびダニに対する連続舌下免疫治療.第37回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 大阪, 2019, 2.

 

塩野 理, 鬼島菜摘, 青山 準, 山本学慧, 丹羽一友, 辺照レベント, 折舘伸彦: スギとダニの複数抗原投与による連続舌下免疫治療. 第120回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 大阪, 2019, 5.

 

田辺輝彦, 和田 昂, 波多野 孝, 荒井康裕, 佐野大佑, 西村剛志, 折舘伸彦: 神奈川県における喉頭癌声門型T2N0M0症例に対するS-1併用放射線療法の効果についての検討. 第29回日本頭頸部外科学会ならびに学術講演会, 仙台, 2019, 1.

 

田辺輝彦, 荒井康裕, 佐野大佑, 西村剛志, 折舘伸彦: 切除不能唾液腺腺様嚢胞癌に対してレンバチニブを使用した4症例の報告. 第120回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 大阪, 2019, 5.

 

田辺輝彦, 和田 昂, 波多野 孝, 荒井康裕, 佐野大佑, 西村剛志, 折舘伸彦: 当科における頭頸部癌化学放射線同時療法における嚥下障害についての検討. 第43回日本頭頸部癌学会, 金沢, 2019, 6.

 

丹羽一友, 塩野 理, 山本学慧, 青山 準, 鬼島菜摘, 折舘伸彦: カルシトニン陰性であった甲状腺髄様癌小細胞型の一例. 第120回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 大阪, 2019, 5.

 

波多野 孝, 荒井康裕, 佐野大佑, 西村剛志, 折舘伸彦: 内視鏡下経鼻摘出術を施行した側頭下眼窩三叉神経鞘腫の2例. 第29回日本頭頸部外科学会ならびに学術講演会, 仙台, 2019, 1.

 

波多野 孝, 佐藤 要, 佐野大佑, 矢吹健一郎, 桑原 達, 和田 昂, 磯野泰大, 荒井康裕, 西村剛志, 折舘伸彦:根治的放射線治療を施行した下咽頭扁平上皮癌症例の予後予測におけるCRP/アルブミン比の有用性. 第120回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 大阪, 2019, 5.

 

波多野 孝, 佐藤 要, 矢吹健一郎, 和田 昂, 田辺輝彦, 佐野大佑, 西村剛志, 折舘伸彦: 根治的放射線治療を施行した下咽頭扁平上皮癌症例の予後予測における治療後NLRの有用性. 第43回日本頭頸部癌学会, 金沢, 2019, 6.

 

森下大樹, 西村剛志, 佐野大佑, 荒井康裕, 波多野 孝, 磯野泰大, 鴨志田梨沙, 田辺輝彦, 和田 昂, 勝又徳行, 逆井 清, 谷口彩香, 折舘伸彦: 吹奏楽器演奏時における鼻咽腔閉鎖機能不全の1例. 第120回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会, 大阪, 2019, 5.

 

森下大樹, 荒井康裕, 和田 昂, 磯野泰大, 吉田興平, 折舘伸彦: 当科で経験した悪性外耳道炎の3例. 第29回日本耳科学会総会・学術講演会, 山形, 2019, 10.

TOP