News & Topicsお知らせ

2020.07.29
山中教授が研究代表者を務める『コロナ回復者専用抗体検査プロジェクト』が始動しました

山中竹春 教授および本学医学研究科 微生物学の梁明秀 教授を中心とする共同研究グループで行う新型コロナウイルス抗体検出を目的としたハイスループットな全自動免疫測定方法の開発及び同測定方法の社会実装に向けた研究(国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED) 令和2年度ウイルス等感染症対策技術開発事業)の一環として、「コロナ回復者専用抗体検査プロジェクト」を開始します。

本プロジェクトでは、新型コロナウイルス感染症より回復し一定期間経過した方を対象とし、現在一般的な新型コロナウイルス抗体検査で扱われている技術的に測定しやすい抗体を本学独自の技術により高精度で測定すると共に、最先端の技術を用いて感染阻止に寄与する抗体の測定を同時に行います。これらの測定により新型コロナウイルス感染症の病態解明および国産抗体検査キットやワクチン開発に貢献することを目指します。