News & Topicsお知らせ

2019.02.06
臨床統計学教室によるアカデミア初のMID-NET利活用が始まる!

横浜市立大学は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(以下、PMDA)が運営する大規模医療情報(電子カルテ、検査値、レセプト等)データベース「MID-NET(Medical Information Database Network)」の利活用が承認されたことを受けて、MID-NET を用いた医療情報データベース研究を開始します。アカデミアが MID-NET を利活用するのは初めてとなります。
本研究は、本学医学部やデータサイエンス学部のデータサイエンス専門家、および帝京大学、千葉大学、公益財団法人冲中記念成人病研究所、東京女子医科大学の研究者との共同研究により実施されます。
本研究は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(以下、AMED)平成 30 年度 「医薬品等規制調和・評価研究事業(2 次公募)」に採択された研究課題「アカデミアによる医療情報データベース研究における MID-NET 利活用に関する研究(研究代表者 山中竹春)」に基づき、実施されるものです。

詳しくはこちらをご参照ください。