待ち時間を、
心待ち時間に。

あっという間に過ぎてしまうような楽しい時間を病院に。そんな思いから生まれたのがこのプロジェクトです。

病院での待ち時間は、ついつい長くなりがちです。そんな院内で過ごす時間を、心待ちにできるような時間、いわば、「こころまち時間」に変えることを目指すのが今回提案する広告医学プロジェクトの形です。

わたしたちの取り組み
OUR WORKS

東京デザインプレックス研究所の若手クリエーターたちと協力して、横浜市立大学附属病院で過ごす時間をすこしでも心待ちしたくなるような空間・グラフィック・WEBデザインを提案します。

こころまちマップ

  • 横浜市大病院には、待ち時間を過ごすためのさまざまなスポットがあります。 思わず足を運んでしまいたくなるような地図(マップ)を作りました。

  • 裏面には、折ることでお楽しみメッセージが出る仕掛けを用意しています。

  • 折ったあとには…どうする?院内のどこかに入れる箱を用意しています。
    どこにあるのかマップをもとに探索してみてください。

こころまちぇあ

  • 椅子の背にアート写真を展示。
    座っただけで癒され楽しめるフォトギャラリーに。

  • カラーセラピーや視力回復トレーニング、脳トレなどの要素を取り入れた写真で、 ほんの少しだけ楽しく健康的な待ち時間を過ごしましょう!

こころまちツリー

  • 患者さん参加型のアート企画。
    願いを叶えるクリスマスツリーを完成させましょう。

  • 受付の横にはインクルーシブアートのこころまちツリー。参加型のしかけで間接的なコミニュケーションの促進につなげます。ヨッチーと一緒にクリスマスを盛り上げよう!

  • コメント用のステッカーに「この冬叶えたいこと」を記入して参加します。叶えたいことを考えるうちに、少しでも、こころわくわくな待ち時間に。

  • みなさんの参加でこころまちツリーはどんどん賑やかになっていきます。集まったコメントを見ているだけでも、楽しい待ち時間に。みなさんのお願い事が叶いますように。

こころまちラウンジ

  • 森をイメージした内装でリラックスできる空間に改装。 パネルアートを設置し、撮影スポットを準備しています。

  • 人が集まりコミュニケーションが生まれやすくなる空間を目指して様々な仕掛けをご用意しました。楽しく和やかなひとときをお過ごしください!

To be Updated