お知らせ News Topics


  • 最近の研究発表を更新しました。(2016年12月8日)
  • 抄読会予定を更新しました。(2016年10月18日)
  • スタッフのページを更新しました。大学院生が6名入局しました。集合写真を追加しました。(2016年10月18日)
  • 研究業績のページを更新しました。(2015年11月4日)
  • 日比谷孝志助教が「肝多胞性エキノコックス症の疑いで肝右葉切除を施行された一例」を、2015年2月21日の日本病理学会関東支部学術集会で発表しました。 日本病理学会関東支部HP
  • 2014年12月20日、当病理学講座で第65回日本病理学会関東支部学術集会・第135回東京病理集談会を主催しました。抄録集はこちら。
  • 大橋健一教授執筆の「市大先端研究(20)臨床現場へ橋渡しバイオバンク」が2014年7月11日の神奈川新聞に掲載されました。
     神奈川新聞「カナロコ」HP

最近の研究発表 Recent Publications

  • 【論文】 「The pathological features of idiopathic interstitial pneumonia - associated pulmonary adenocarcinomas.」Okudela K ほか
          Histopathology. 2016;
  • 【論文】 「A histopathological feature of egfr-mutated lung adenocarcinomas with highly malignant potential - an implication of           micropapillary element.」Matsumura M.ほか 
          PloS one 11 2016;e0166795.
  • 【論文】 「Intraosseous inflammatory myofibroblastic tumor of the mandible with a novel atic-alk fusion mutation: A case report.」         Tateishi Y.ほか 
          Diagnostic pathology 11,132 2016
  • 【論文】 「Expression of tropomyosins in lung cancer - a potential role in carcinogenesis and its utility in a histopathological diagnosis.」       Okudela K.ほか 
          Histology and histopathology 31 2016;857-866.
  • 【論文】 「Alterations in cathepsin l expression in lung cancers.」Okudela K.ほか                                 Pathology international 66 2016;386-392.